TRAINING研修

教官コメント

─── 新人教育で特に力を入れていることは

Nさん
・エチケットマナー、特に気持ちのいい挨拶をするように指導しています。
・発進時のアクセルの踏み方、停止時のブレーキの踏み方を滑らかに出来る様に練習をしています。
・駐車時(車庫入れ時)の後方目視確認の徹底をしています。
・安全第一はもちろんのこと特にお客様目線での安全快適な運転と、お客様目線での対応が出来るようにアドバイスしております。

─── 過去、運転手の経験がありませんが大丈夫ですか

Mさん
・新人教育カリキュラムにより、約1ヶ月間基本知識、基本動作を習得していきます。親切、丁寧に指導致します。
その後代務経験を積んでお取引先に配属されます。
・私どもの会社は50歳以上の方がほとんどで、前職では違う業界の第一線で活躍してこられた方が多いです。前職での経験や人生経験を活かしながら、我々の仕事の厳しさもわかって頂き、未経験の方でもご活躍頂いています。

─── 今後新人教育をどのように工夫していきますか

・研修資料の見直し、不足分の補充を毎月行っています。
・出来るだけ実践に添うような教育をして、お取引先へ配属された後も、安心して仕事ができるようフォローをしていきたいと思っております。

社員研修の種類

  • 社員研修の種類|新人研修
  • 社員研修の種類|集合研修(年2回)
  • 社員研修の種類|スキルアップ研修
  • 社員研修の種類|スキル確認研修
社員研修の種類|新人研修

研修例

【死角確認】

・運転手の目には見えない部分が沢山あり、これを死角と言います。
特に後方は見えにくい為、ミラーの活用とともに、目で直接観る(目視)確認をする様に指導しています。

【車庫入れ】

・車庫前で一旦停止し、車庫内を確り、確認します。
次に1~2m程前方に移動して左右のドアミラー及び目視により、ゆっくりとバックします。
駐車位置の1~2m手前で一旦停めて、下車目視を必ず行う様に指導しています。

【高速走行】

・車間距離を十分意識し、流れに沿った一定速度で走行する様に指導しています。

ページのトップへ戻る